カテゴリー別アーカイブ: 引越

オフィス移転 3つのチェックポイント

オフィス仲介の業界に5年間いてオフィス移転、新規開業の方に気を付けてほしいチェックポイントを3つ上げさせていただきます。
これから検討の方はぜひ活用してください

①ブレーカーの電気容量
電気容量は仲介会社はもちろん、管理会社やオーナーも把握していないことが多い為、内見時に確認が必要です。
以外に見落としがちです、区分マンションの一室や、戸建てを事務所使用にしたい方が近年増えていましたが電気容量が足りずに再度引越をするケースが多いです。
細かく分類すると単層二層式の物かどうかにもよってきますが、3少人数でも0Aの物件は避けた方が良いです。複合機とレンジとエアコンで簡単にブレーカーが飛んでしまいます。
PCでもMac Pro などは1台で20Aを使うものもあるので子ブレーカーを1台で分けてしまうほうが良いでしょう。50A有ると5人~10人のオフィスであれば問題になる事も少ないです。

②内装工事の区分
オーナーによっては間仕切工事に関しても認めない人も稀にいます。このケースは稀ですが、水回りの工事や電気容量を増やす工事、照明工事に関しては移転してから許可が下りなかったという企業さんを見てきましたので、物件探しの中で候補が出てきたらこちらも確認していきましょう。
仲介会社は移転さえ決まれば手数料が貰える為、聞いてもきちんと確認をしない人もいるので、しつこく聞くくらいがちょうどよいと思います。
電話でなくメールや文書などでも貰うようにして避けれるトラブルは避けていきましょう。

③引越業者の選定
通常家庭用の引越をやっている業者で安く頼めるからと言ってお願いしてしまうと失敗するケースが有ります。
具体的には、キャビネットの組み立てが出来ない。耐震の為の横連結、縦連結、壁への打ち込みが出来ないケースがある。
段ボール回収に何週間もかかる。などです。見積時にこの点は確認をしましょう。場合によっては追加料金が掛かるケースもあります。

上記3点は移転先を決める際や決めた後に見落としがちな事で、仲介だけやっている会社には無いノウハウになりますので
移転を検討している企業さんで気を付けられるとリスクを減らした移転が出来ます。

元引越TOP営業マン直伝!『引越を安くする方法』

引越会社の営業マンとして3年間で1000件以上の家庭に訪問して引越の契約を取ってきました。色々な家庭に訪問をしていると、思っていた以上には危険、怪しい人が多く他の仕事では経験でした。

私が引越業界の営業マンでいた時は「即決」「高く売る」「契約件数を多く取る」事が求められていました。

営業をしていく中で「値引かなくては契約が出来ないお客=消費者が得をしている」という状況でしたので

営業の視点から安くて契約を取ってきたお客さんの行動を記載します。

訪問していて一番嫌なお客さん=安く契約したお客さんは「一括サイト」「比較.com」など他社比較を前提に呼ばれるケースです。逆に一番決めやすいお客さんは「紹介」「前回利用」等の媒体で、業者をある程度決めてしまっているお客さんです。

大きく分けて引越金額の成り立ちは引越金額の決まり方は

①日時(時期・曜日・時間)②距離③荷物量の3つによって決まります。

②と③は既に決まっている状態が殆どなので、①の交渉になります。一括サイトや比較サイトのWeb比較は全くあてにしないほうが良いです。私のいた会社以外でも、どれだけ金額を安く出せるかによって、訪問できるチャンスを手に入れるかが掛かってきますので”とりあえず安く出して訪問して営業が謝る”というスタイルでした。①でトラックの配車状況が変わった。訪問して荷物量が変わったなど、会社からいくらでも言い訳マニュアルは用意されてしまっているのです。

①についての金額設定を説明していきます。

一つめは季節要因です。3月の春休みの時期がが繁忙期で一番高く、この時期だけは高い値段で提示して金額が合わなければ退却するという戦法を取ります。理由は会社都合での引越もある為、会社からお金が出る人は見積書を提出すればよく金額にこだわらないことも多いからです。逆に3月後半の時期以外は基本的には競ってでも契約を取りに行きます。

次に曜日・時間要因です。土日休みの人が多いため、基本は平日が安く土日が高く設定しています。一番人気があり高く設定しているのが土曜日の午前、その次に土曜日の午後と、日曜日の午前です。日曜日の午後は次の日から仕事の人が避ける為安く設定しています。

そして、午前は第一便で9時等来る時間が決まるので予定が組みやすく、午後の便は第二便、三便になることがある為金額が安い分、時間が不確定になります。

ここからが一番重要です。

引越業者の営業をしていて一番高く評価されるのは最初に記述した①高く売る、②契約を取るです。両方出来れば一番良いですが①が難しい場合は②の契約を取るを優先させます。その時に、営業マンが値引きをしやすい状況にして上げる工夫が必要です。例えば、訪問した営業マンが一番楽な方法は他社の見積もりが出ていて、それを下回れば即決できるという状況です。または5社訪問見積を呼んでいる場合は3社目くらいで相場が分かってくる状態も多いと思います。その中で、一番交渉幅が大きそうな業者として電話を頂き決めるという手段も有りました。この場合も最後に上司に電話をして安く決めていました。日程を決めて業者ごとに比較をして決めるという事が、営業泣かせではありますが一番安くできる方法です。

引越営業マンと仲良くなる事によって交渉をするという考えの方もいると思いますが、同僚では仲良くなった人には安く提示をする同僚もいれば、仲良くなった人には高く取りやすい判断する営業マンもいました。私は良心が痛むというか、気が弱く安くしてしまうほうでしたが。。その為、仲良くなる事が安くなる場合もあれば高くなる場合もあるので”引越の見積もりを安くする”という目的には不確定要素が高いと思われます。時間があり安くするには面倒でも、3社目で比較検討をして決めるという手段を取ることが大事です。