カテゴリー別アーカイブ: 書評

貨幣の「新」世界史 要約 

貨幣の「新」世界史はカビール・セガール著のお金という概念について述べています。

お金=何か価値のあるものや大切なものの象徴という説明から入り
■第1章 ジャングルは危険がいっぱい 交換の生物的起源
・NASAの試算→人類の誕生から800世代目、そのうち600世代以上は洞窟で暮らし
・活字を見る様になったのはほんの数世代
・人類が存在しているのは地球の歴史全体の0.004%
・人類最大の目的は生き残りである。
・「交換」の重要性
・他の生物同士の交換と人間の交換は区別が必要 違い→交換を意識出来る
・余剰は価値のシンボルとなり、他の必需品と交換されることによって、潜在的な価値を発揮される様になった。
・進化経済学者のハイムオフェクは交換を行う生物は生き残って繁殖する可能性が高い。交換に関わる特性が、未来の世代に受け継がれる。
・交換は進化的アルゴリズムの一部
・シンビオジェネシス→2つの別個の各細胞が統合された後、新しい一つの細胞が形成される
・エネルギー、お金、共に循環し続ける エネルギーを保存していれば、生物は不安定な状況にある程度落ち着いて対処できる
・共感能力の最も優れたメンバーが、最も多く含まれるコミュニティは、最も反映して最も沢山の子孫を残す。
・ロバートアクセルロッド 囚人のジレンマ→相手が協力すればどちらも良い立場を確保できる。肝心なのは相手が協力する様に仕向けること。裏切られたら報復を厭わない方針を鮮明にしておかなければならない。
・肉は植物よりカロリー密度が高い🍖人間の胃袋は他の霊長類の60% 人間の脳は体のエネルギーの20%を消費する🧠12Wに相当する。
■第2章 私の心のかけら  お金の心理学的分析
・ウェイターが客から受け取るチップ→天気が良い方が金額が多くなる。
・お金は私たちに刺激を与え、意思決定や行動を促している。
・投資が利益に繋がりそうな人の神経細胞の活動は、コカインやモルヒネでハイになっている人のケースと区別がつかない。
・ナットソン 金融上の決断に、感情は中心的な存在だという事実を認識しなければならない。ポジティブな刺激からは側坐核の機能が活性化され、金融に関して大胆な決断を下す様になる。
■第3章 借金にはまる理由 債務の人類学
・債務には金銭的な義務だけでなく、社会的な義務も伴う
・贈与経済に基づいた家族の領域
・市場経済に基づいた商業の領域
・アダムスミス 分業によって、道具の専門化が進んだが、そのお陰で取引は複雑さを増した。
・贈与 与える、受け取る、お返しをするの3つ
・商業の領域の貨幣と似ているが、貸し借りや取引が人間関係の維持を目的としている点が異なる。
・贈り物が渡されるときにお金のやりとりはないが、友人、知人や社会への恩義という、別の貨幣が流通するのだ
・贈与経済を逃れて市場経済に移行する傾向は、社会的な恩義を回避したい気持ちの強さの現れとも言える。
・お返しには2つのタイプがある。
①義務
親への恩
②義理
1.仲間や親族など世間に対して
2.体面や、評判、名声を守る為の言うなれば自分に対する義理
1はホワイトデー、歳暮、日本独特の習慣が経済に影響を与えている。
■第4章 ハードな手ごたえ ハードマネーの簡単な歴史
・金属主義がハード、表券主義がソフトに該当する
・金属主義はお金の評価は固有の価値によって決まる。物々交換に代わってお金が登場したという前提にたっている。⇆表券主義
・債務や信用供与の制度がお金より先行していた。
・影響力の大きい経済思想家の多くは金属主義の立場。ジョンロック、アダムスミス、ジョンスチュアートミル、カールマルクス等
・語源 キャピタル→頭 サラリー→塩、ローマの兵士は塩の報酬だった。
・原子貨幣→銀、大麦
・硬貨は本物の法定貨幣として、みなから信用されなければならない。
・ハードマネーの改鋳、景気回復の為に有効な貨幣政策→フランクリンルーズヴェルト、ネロが実施
■第5章 ソフトなのがお好き? ソフトマネーの簡単な歴史
・人間が生き残る為にはエネルギーが必要 それを確保し易くするのがお金の本来の目的だったが、今日のお金は抽象的な形に進化を遂げた。
1日の取引通貨量は1990年代末1兆5000億ドル→2010年 4兆ドルに増加 これは株式市場での取引量より多い。
・世界には170種類以上の通貨がある そのうち、通貨取引の85%は米ドル、世界貿易全体の81%  アメリカは途方も無い特権を持っている。
例えば、他国は100ドル相当のサービスや現品を提供するが、アメリカは数セントで良い。アメリカの国内総生産は世界の25%だが、海外の中央銀行が保有する準備金の60%近くは未だにアメリカドル。
・信頼性が高く、流動性があって兌換可能な通貨であれば、理論的にはどれでも世界の支配的通貨として機能することが出来る。
・経済が悪化しているときは特に、貨幣の歴史は膨張とインフレに向かう傾向が強い。
・インフレ→物価が上がり、お金の価値が下がる。デフレ→物価が下がり、お金の価値が下がる
・インフレ→時間の経過と共に貨幣の価値が損なわれる貸し手に返済する際の実質価値は額面価値より低くなる。5000万ドル→2800万ドル
・デフレ→貸し手に有利 5000万ドル→9000万ドルになる。国家が唯一の発行者になれば国家の権力は拡大される。
・フビライハンの紙幣→銀によって裏付けられている
・中国の貨幣の歴史 国家が強大になる程制度の信頼性は高まり、貨幣のソフト化が促される。貨幣の価値は金属の固有の価値に由来しなくなる。
・アメリカ 南北戦争前は統一した紙幣はなく、各州が発行していた。関わる金属の種類が少ない程、貨幣の価値は高くなる。
・1900年、金本位制が議会を通過した。
・FRB1913年設立 1907年の世界恐慌を繰り返さない為にレートを下げたいとき増刷した貨幣で国債を購入する。
■第6章 バック・トゥ・ザ・フューチャー
・未来の世界の可能性は3つ
(1)”弱気な展開”金融危機、テロ活動の激化、自然災害などの不安要因が重なり、世界情勢が悪化していく
(2)”強気な展開”現在と同じく技術の進歩や統合が広範囲にわたって急速に進み、世界が巡行に進歩をしていく
(3)”夢の展開”遠い将来、人間と機械の境界線が曖昧になる
・時代が厳しくなると、人々は名目貨幣への信頼を失う。金融が不安定な時代には、物々交換に頼る傾向が強くなるだけではなく、大体通貨が想像される可能性もある。
・2008年のリーマンブラザーズ破綻⇒金価格は125%近く急騰した。2010年には1オンス1800ドル以上に達した。
・2017年12月平均はグラム4631円⇒1キロ4,631,000円
・経済が混乱に陥ると金の信用度は高まる
・人々は銀行制度への信頼を失っても、銀行が想像した貨幣を確保しておきたいと願う。
・ソフトマネーやそれを裏付ける期間を信用できなくなると、人々は往々にして問題の解決を自分の手に委ねる。
・通貨の発行者を信頼せず、自分だけを信じ、生き残るために物々交換という手段を選ぶ。
・物々交換の世界的な組織である国際互恵取引協会に参加する企業は40万社以上
・弱気な展開には、価値を備えたものの退蔵や物々交換が増加する傾向がみられる。
・社会科学者メアリ・メラー 銀行が融資によって特定の個人や企業に分配する貨幣には利息がつけられている。要するに銀行は貨幣をばらまいて金儲けをしている
・貨幣が公共財としての立場を回復する展開を思い描いている。
・ブラジルのポルト・アレグレは市民参加型の予算作成プロセスに何万人もの住民が関わっていて、これからは地域のコミュニティや協同組合、あるいは個人に対し、直接紙幣を発行すべきだとメラーは提案している。既に一部のコミュニティでは問題解決に自発的に取り組み、代替通貨を導入している。
例・ニューヨーク州のイサカアワー イサカアワーは実物資本=我々の能力、時間、ツール、森、畑、川によって裏付けられる。最も注目すべき点は、アワーでの融資には利息が付かない事。
・成功する代替通貨の特徴について、最も重要なのは士王のどの供給業者も通貨を発行できるようになること。そうなれば、貨幣を操作する力がユーザーの手にゆだねられる
・デジタルな代替通貨 FBIは流通するビットコイン全体の3%を所有している。
①貨幣 $
②決済デバイス  スクエア
③決済ネットワーク VISA
・電子商取引は紙幣で取引よりコストが30%~50%少ない。
・世界に人口は70億人 携帯電話の契約者数は68億 先進国では128% 途上国でも89%に達する モバイル決済の取引量はカード決済の5%だが、今後は62%~100%の勢いで順調に成長するとマッキンゼーは予測している。
・何百万人もの人がスクエアを利用するのは①仕組みが簡単②決済の時間が短いから
・生き残りに必要な資源を確保して、人間の進化を支える事がお金の本来の目的だったが、お金は抽象的な傾向を強めていく。
・取引は無駄な部分をそぎ落とされ、市場の金融調整手段として制約から解放され、家族間でお金を交換しているような雰囲気が生まれるだろう。
・新しい決済システムからは新しい商品やサービスが生まれる。
・ビジネスを動かすという点では、評判もまた一種の通貨である。イェルプでの悪いレビューなど。
・お金の形は絶えず変化し続けるが、その使い方はどの時代も変わらない。価値の象徴だという事実を忘れない限りは。
■第7章 投資家は天使のごとく
・お金は誕生して以来、富を獲得する手段であることはもちろん、時には価値の象徴や道徳観の試金石になってきた。
・お金はためたり使ったりするだけではない。
・社会の道徳律を尊重する人間かどうかが判断される。
・貧しい女性がわずかなたくわえを寄付すれば寛大な姿勢を評価される。
・要するにお金は価値を表現する手段の一つであり、表現の仕方が重視される。
・200か国2500万人をターゲットにした職務満足度調査では、13%の人しか仕事に夢中になって、感情を打ち込む事をしていない。
・アイン・ランド 『肩をすくめるアトラス』聖書に次いで2番目に影響力の大きな本
・お金に関して、多くの宗教指導者は『少ないほど良い』という精神的論理を擁護している。
・お金も永続的な宗教も、どちらも紀元前800年前から紀元前600年前に誕生したのは、決して偶然では無いという。
・聖書でも、諸悪の根源とされるのはお金を愛する気持ちであって、お金そのものではない。
・生きるためには欠かせないが、命の源ではない。
・ヒンドゥー教はほかの宗教がお金との関わりを否定する中、ほぼ確実に認めている。
・多いほど良いという経済的発想に由来する虚しさを経験しなければ、少ないほど良いという精神的論理の必要性は理解できない。
・外面的な目標から得られる喜びからは、苦しみが生み出される。賢者は快楽の追及に専念しない。
・お金に固執する人生においては、心からの満足感を得られないという事実も学んだ。使い方さえ間違わなければ、お金は誰もが共有できる手段となり、人類の繁栄を促してくれる。
・お金は他人と共有する為に稼ぐものなのかもしれない。
■第8章  貨幣は語る
物事を象徴的に理解できるようになったおかげで貨幣は発明された。
ウィリアム・ウィリー・ヴィラレアル
「今に誰もつまらない人間になってしまう。体内にチップを埋め込まれて。だから大事なアイデンティティを保存するために活動をしている」
■エピローグ
お金は本質的には価値の象徴でもあり続ける。人類は協調的行動や表象的思考能力を手に入れたがゆえに、価値のシンボルであるお金が想像されたのではないか。
\

『ビットコイン』と『韓非子』 共通点

ビットコインの成立と韓非子に意外な繋がりがあります。
ビットコインは、2017年12月14日現在まで改ざんが行われていない信頼構築システムになっています。その中の技術の一つが、データ改ざんをするよりもマイニングをする方がメリットが大きい。という事です。技術的には、改ざんが出来るのですが、次々と新しいブロックがマイニングをされている状況で不正をするよりはマイニングをして利益を得る方が得と考える人の方が多いからです。

一方、韓非子とは韓非が書いた書物の話ですが、韓非は荀子の弟子で『矛盾』や『守株』で有名な人です。荀子は性悪説の提唱者で、天や占いなどを真っ向から否定する人で不信の哲学の上に立つ韓非とされていました。今ではそのような人も多いですが、科学が発達していない時代には珍しかったのではと思います。孟子の性善説と真逆の意見を持っている人でした。
その弟子の韓非は法によって収める法治国家こそが理想と考えている人で、法や刑罰によって国家を収めようとした人でした。
『簡単にできる事で、嫌なことを回避する。これが政治というものだ』
『刑罰とは、治安、安寧秩序の達成と維持の為に、人民が罪を犯さないための予防装置、すいなわちいうところの一般予防が唯一であり、それ以外の目的は存在しない』
など基本的に人は悪いことをするが、その犯罪による利益より、刑罰が勝る時に人は犯罪をしない。
即ち、ビットコインの信頼構築のシステムと韓非の国家統治の為の信頼構築の考えの根本は同じなのでは。と思いました。
いささか強引では有りますが。

\

5年後に笑う不動産 書評

長嶋修氏著の「5年後に笑う不動産」 長嶋さんは中立な立場で不動産を語り、最後は個人に判断を投げかける選択肢を与える内容の為、購入を検討している人や実務をしている方者も勉強になります。今回は下記4構成からなっています。

第1章 2020以降、不動産のあり方が激変する

第2章 これから不動産を購入して本当にいいのか?

第3章 「不動産価値」3極化の傾向とエリア別事例

第4章 住まいで人生を棒に振らないために

第1章、第2章では不動産に関する法の改正点や人口の流れの観点から不動産の予測、第3章では地方自治体の取組、第4章では実際に購入する時の注意点について紹介をしています。

この本を読む事によって得られるのは、大きく2点。不動産購入にあたり知っておいたほうが良い法律がピックアップされている事、物件を選ぶ際の判断軸が身につくことだと思います。

また、書かれた内容をそのまま受け入れるのではなくこの本で読んだ軸に個々人が購入の判断をしていく事が肝心で、例えば第3章では各自治体の取り組みが紹介されています。人口減が止まったり独自の人気を保たれていることが価格の落ちにくい地域とした紹介がありますが、紹介されている千歳烏山や大山が人気があるのだと思うのではなく、人口の減少、高齢化社会を考えるうえで、『住環境の良さ』『ブランド価値』『立地』があるかを考えながら物件選びをする事が大切だと思います。

また、第2章の「都市再生特別措置法の改正」が衝撃的でした。

各自治体が自分たちの判断で管轄する地域を活かす土地と、捨てる土地を選べるようにして税金の集中投入が出来る様にしたという内容です。

この立地適正化計画を読んで、調べたところ東京では八王子市、日野市、福生市、府中市が、千葉県では柏市、流山市、松戸市、神奈川では相模原市、藤沢市、大和市、横須賀市と横浜周辺の地域も取り組んでいます。

(参照 国土交通省 立地適正化計画の作成状況 http://www.mlit.go.jp/common/001208821.pdf)

この地域に家を買おうとしている人は事前調査が必須です。将来的に税金の投入がないとごみの処理や下水道の整備など今生活して当たり前に享受しているインフラが使えなくなるリスクがあるというのは考えるべきところです。

長嶋さんの本を読むと、改めて不動産は勢いで買うものではなく法律や経済、人口の流動性や地方自治体の取り組み等を考慮して最後に自分で責任をもって選ぶという事を認識します。

不動産は知識量が必要なため情報格差で商売が成り立っているところも多いため、個人がどんどん知識をつけていき良い物件選びをしていきたいですね。

感想

\

長嶋修著『不動産格差』を読んで

長嶋修さん著、不動産格差を読んで

これから不動産投資をするか迷っている人に対しては、簡潔で背中を押してくれる文章になっていたと思います。最近本屋にあふれているサラリーマンに投資を促す著作とは一線を画しており、不動産業界の方向性を断定的に語る切り口でした。

また、不動産購入時の確認点が技術的な側面から非常にわかりやすく書いており、多少自社の行っているホームインスペクションをアピールする点が多くみられる気もしたが、総じて不動産に携わっている者としては良い著書でした。

簡単に内容を紹介すると、下記の様なことが書かれております。

・不動産選定の物件外の要因

不動産が三極化していく。都心3区(千代田区、港区、中央区)では、不動産価格と株価と価格が連動する。

何よりも立地。コンパクトシティを今後せざるを得ない地域が多いため、地区ごとの計画を知るべき。

昔は徒歩10分が売れるか売れないかの境目だったが今は7分が境目になっている。

都内の中古マンションは今が底値感がある。

逆に他の物件は今が売り時という事でした。

周りを見ていると東京オリンピック前後でピークを迎えると予想して、すでに売りに出す人も多いですが物件次第だということが改めてわかりました。

 

・不動産選定の物件毎の確認

住宅の寿命には何の根拠もなく、RC構造は100年以上の寿命が実際にはある。

実は、1級建築士より2級建築士の方が、住宅に詳しい人が多い。

内装工事業者の一式という見積内容には注意。ほかの見積もりより安くても、実は工事が予定して物が入っていないケースがある。

申込と契約は別物※実務をしていると良くお客さんから質問を頂くが、曖昧にする業者も多い。申込みは断れるものである。

物件を売るときに、物件価値を上げるためのホームステージングという手法。家具をレンタルしたりすることにより、物件を良く見せる手法。アメリカでは主流との事。

 

特に驚いたのは、瑕疵担保保険に入っている中古マンションは安心と思っていたが、実は保険期間中には瑕疵が起きないという前提での保険の審査という内容は、衝撃的でした。

また、登記簿上の面積が実は正確ではない。いい加減な場合もある。その為、面積で売買契約をするのではなく、㎡いくらの様な単位で契約をするべき。

 

不動産業界に身を置いている人間としては、非常に勉強になりました。一読の価値あります。

 

\