海外不動産ビジネスモデル Real Tech Venture 『Opendoor編』

オープンドアは2014年にサンフランシスコで設立され、4回の資金調達ラウンドで3.2億ドルを調達、シリーズDラウンドで2.1億ドルを投じられたReal Tech Venntureです。

ホームページからサービスを見てみると
家を売りたい人の
・いつ売れるか分からない
・いくらで売れるのかわからない
という不安にFocusしたサービスです。

時間があって少しでも高く買ってくれる人を探したい人は従来の方法を取ればよいと思いますが
時間がない人、早く引越をしなくてはいけない人には良いサービスだと思います。
平均内見回数10回も立ち会うなら少し安くてもOpen Doorに売りたいという人は資本主義国家アメリカには多そうですね。

サービス内容をまとめてみました。

Selling to Opendoor:6.7% ※average service charge*
Traditional home sale:7-10% ※average costs

■Average days to close transaction (取引完了期間)
Selling to Opendoor:Choose from 3-60 days
Traditional home sale :50 days

■Average days to prep and stage home(準備期間)
Selling to Opendoo:0 days
Traditional home sale:10 days

■Average number of showings(内見回数)
Selling to Opendoo:0 showings
Traditional home sale:10 showings

●Transaction costs
■Average Opendoor service charge(サービス料)
Selling to Opendoor:6.7%
Traditional home sale:0%

■Estimated real estate agent fees(エージェント見積料)
Selling to Opendoor:0%
Traditional home sale:6%

■Estimated seller concessions (売手の譲歩)
Selling to Opendoo:0%

Traditional home sale:2%

■Estimated home ownership and overlap (持家の重複期間)
Selling to Opendoo:0%
Traditional home sale:1%

■Repairs needed to sell home(売却の為の修理)
Selling to Opendoo:TBD(未定)
Traditional home sale:TBD(未定)

■Estimated cash before closing(契約前の必要金額)
Selling to Opendoo:$186,600
Traditional home sale:$182,000

日本で新築ばかりが売れて、中古市場がまだまだ活発でないのは、中々家が売れないからです。
健全な中古市場を築くためには、中古市場のマッチングをできる会社が足りていないのだと思います。
REINSを見ていても中古リノベの売れ残りばかりですからね。
もっと中古市場の出口戦略を考慮したうえでの戦略が必要ですね。勉強しないと。

\