オフィス移転 3つのチェックポイント

オフィス仲介の業界に5年間いてオフィス移転、新規開業の方に気を付けてほしいチェックポイントを3つ上げさせていただきます。
これから検討の方はぜひ活用してください

①ブレーカーの電気容量
電気容量は仲介会社はもちろん、管理会社やオーナーも把握していないことが多い為、内見時に確認が必要です。
以外に見落としがちです、区分マンションの一室や、戸建てを事務所使用にしたい方が近年増えていましたが電気容量が足りずに再度引越をするケースが多いです。
細かく分類すると単層二層式の物かどうかにもよってきますが、3少人数でも0Aの物件は避けた方が良いです。複合機とレンジとエアコンで簡単にブレーカーが飛んでしまいます。
PCでもMac Pro などは1台で20Aを使うものもあるので子ブレーカーを1台で分けてしまうほうが良いでしょう。50A有ると5人~10人のオフィスであれば問題になる事も少ないです。

②内装工事の区分
オーナーによっては間仕切工事に関しても認めない人も稀にいます。このケースは稀ですが、水回りの工事や電気容量を増やす工事、照明工事に関しては移転してから許可が下りなかったという企業さんを見てきましたので、物件探しの中で候補が出てきたらこちらも確認していきましょう。
仲介会社は移転さえ決まれば手数料が貰える為、聞いてもきちんと確認をしない人もいるので、しつこく聞くくらいがちょうどよいと思います。
電話でなくメールや文書などでも貰うようにして避けれるトラブルは避けていきましょう。

③引越業者の選定
通常家庭用の引越をやっている業者で安く頼めるからと言ってお願いしてしまうと失敗するケースが有ります。
具体的には、キャビネットの組み立てが出来ない。耐震の為の横連結、縦連結、壁への打ち込みが出来ないケースがある。
段ボール回収に何週間もかかる。などです。見積時にこの点は確認をしましょう。場合によっては追加料金が掛かるケースもあります。

上記3点は移転先を決める際や決めた後に見落としがちな事で、仲介だけやっている会社には無いノウハウになりますので
移転を検討している企業さんで気を付けられるとリスクを減らした移転が出来ます。

\